最近よく聞く骨盤底筋群って?

ヨガに限らず「女性のための」と名の付くエクササイズやトレーニングでは

骨盤底筋群を鍛える事の大切さを伝えているものが多いですよね。

「骨盤底筋のこと気になっていました~」とお教室にいらっしゃる方も多いです。

骨盤底筋とは文字通り、骨盤の底にある筋肉の総称です。骨盤の底にハンモックのようにある筋肉というとイメージしやすいですよね。

膀胱や子宮、直腸など骨盤内の臓器を支え、排尿や排泄のコントロールにも大きく関わっています。

また、体幹の上部を覆う横隔膜、腹筋の深層部に位置する腹横筋、背中に位置する多裂筋とも関係性が大きく、体幹を支える最下部の土台としての役割もあります。

骨盤底筋は妊娠や出産により大きなダメージをうけます。その上、年齢を重ね女性ホルモンが減少してくると、筋肉量が減少し骨盤底筋の弾力性も低下してきます。

それにより尿もれや頻尿、下腹部ぽっこり、脱肛などなど様々な症状がおこってきます

ドキッとした経験、誰しもあるのではないでしょうか。

こういったデリケートゾーンの悩みは人に相談しにくいうえに、今すぐ何とかしないといけない緊迫した悩みとは違うので、まぁ何とかやり過ごせるだろうと思っている人がとても多いのです。私自身もそうでしたから。

実際、今これだけ骨盤底筋についての情報があるのに、これだけ女性のカラダの変化が分かってきているのに、どれだけの人がそこに対するケアをしているでしょうか。

産後にケアができないままプレ更年期、更年期を迎える人も多く、更にはそのまま高齢期に入っていきます。

長生きできるこの時代。骨盤底筋群の機能を良くすることは産後のママだけの問題ではありません。

プレ更年期、更年期世代にしっかりケアすることでその後が大きく変わってきます。更年期が過ぎたその後の暮らしのためにも、ご自身のカラダケアに取り組んでほしいです。

ウィメンズケアヨガでは、骨盤底筋群を含む体幹を支える深層の筋肉にしっかり働きかけていきます。

時に間接的に。時に直接的に。

これがまたシンプルで簡単でかなり効果的な方法。

骨盤底筋など無意識で使っている個所に、伝統的ヨーガの技法を使いしっかり働きかけていきます。継続することで間違いなくその効果を感じる事ができます。

残念ながら私達の筋肉は使わなければ「必要ないもの」とされどんどん衰えてしまいます。

骨盤底筋群は鍛えれば強くなる性質の筋肉です。大切な所は意識して「使える」状態に整えておきたいですね。

ヨガの練習を続けていると「意識して使う」「カラダの隅々に意識を行き渡らせる」ことがとても上手になっていきます。

簡単でシンプル、そして得意分野をしっかり生かしたアプローチが長続きのコツだと思います。何事もある程度継続しなければ結果が得られないのですから、継続しやすい方法を知る事はとても大切です。

今回は「骨盤底筋」という分かりやすい単語を使いお話ししましたが、骨盤底筋群への働きかけはウィメンズケアヨガのほ~~~んの一部です。

とにかく自分のカラダと向き合う事が楽しくなってきますよ!

是非ウィメンズケアヨガを体験して下さい。

全ての女性にウィメンズケアヨガをおススメします!

簡単シンプル効果的。だから続けられる。しかも楽しい!

自宅でできる事も沢山お伝えしております。皆さんが自分のために覚えたことは、生涯に渡って皆さんの味方となって助けてくれるはずです。そう願ってウィメンズケアヨガをお届けしております。

是非お気軽にお問い合わせくださいね。一緒にカラダケアできる事を楽しみにしております。

長文を最後まで読んで頂いてありがとうございます(^-^)

関連記事

  1. 108回太陽礼拝ありがとうございました

  2. 外ヨガやりま~す

  3. 地震大丈夫でしたか?

  4. 8月のスケジュール

  5. 3A’s アーサナ・アナトミカル・アプローチ

  6. 2022年もよろしくお願い致します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。